講習NEWS

東海地方最大規模の「イオンスタイル常滑」で救命救急講習を実施!

 12月4日(金)に新規OPENをするイオンスタイル常滑で、11月27日(金)に社員を対象にAEDの使用方法を含む救命救急の講習を実施しました。

 講習を受講したのは、AEDが置いてあるサービスカウンターや免税カウンターなどの職員を中心に41名。年間来客予想数1,000万人が予想されるイオンスタイル常滑。もし心肺停止になったお客様がいた場合でも、近くにいる社員が迅速に対応することで助けられる命がある、という講習指導員の説明を受けて、皆さん真剣な表情で受講していました。

 「赤十字の講習を受講することで、万が一の時に弊社の社員が適切な対応ができるようになることはとても心強い。今後も社員教育の一環として続けていきたい」とイオンスタイル常滑の青木さん。今後もイオンリテールストア3店舗で社員を対象にした講習を実施していく予定です。

 赤十字では「命を救う」ための活動を今後も継続して実施していきます。


AEDの使い方を真剣な表情で学んでいます


お客様の安全を守るために、知識と技術を身につけています


 ダミー人形を使用して、全員が救命救急を体験