採用情報先輩職員からのメッセージ

日本赤十字豊田看護大学 企画・地域交流課 奧 映理菜 入社1年目

赤十字との出会いはいつ、どこでしたか?

赤十字を初めて知ったのは、小学生のころに母が行っていた献血でした。誰かの役にたてることに感動を覚え、関心を持ち始めました。その後、赤十字の活動を調べたり、自分自身も献血や救急法に参加したりしたことで、赤十字の一員として仕事がしたいという思いが強くなりました。


現在の仕事は?


企画・地域交流課では、広報・入試・地域連携の業務を行っています。私は、主に広報関係を担当しており、ホームページの更新や広報物の作成、オープンキャンパスの運営などを行っています。他には、地域の方に向けて公開講座を開催し、その事前広報としてチラシの配布などを行っています。


仕事の流れ


6:20

起床

8:40

出社
メールのチェック

8:50

課内でスケジュールの共有

9:00

資料請求の発送作業
全国から資料請求してくださった方へ広報物を発送します

10:40

委員会
月に1回委員会を行います

12:30

昼食
女子休憩室で先輩職員と食べています♪

14:00

ホームページの更新作業

16:00

公開講座の準備

18:30

退社
スクールバスを利用しています

23:00

就寝


仕事をするうえで、意識していることは?


広報を担当しているため、高校生や地域の方とお会いする機会が多いです。大学の代表であることを意識し、魅力を多くお伝えできるように話し方やコミュニケーションの取り方に気をつけて仕事をしています。また、視野を広くもち、一つの意見に捉われないように意識しています。


今後の目標


1年間の流れをつかむことが出来てきました。時期で業務内容が異なるため、先を予測して考動することが目標です。今後は、余裕をもち、昨年よりもより良い方法を模索していきながら、柔軟に対応できるようになりたいです。助けられる側ではなく、助けることができる人になれるように努力し続けていきます。