採用情報先輩職員からのメッセージ

名古屋第二赤十字病院 教育研修推進室 安部 萌華 入社4年目

赤十字との出会いはいつ、どこでしたか?


私と日本赤十字社との出会いは、大学3年生の冬に大学で開催された就職説明会でした。
大学では福祉や心理について学び、将来は漠然と“誰かの役に立つような仕事につきたい”と考えており、「人間を救うのは、人間だ。」という言葉と日本赤十字社の使命に惹かれました。会社説明会にも参加し、先輩方からたくさん話を聞くことで、自分も日本赤十字社の一員になりたい!と強く思い、就職しました。


現在の仕事は?


主に医師の初期臨床研修にかかる業務を担当しています。厚生労働省や県への届出などの事務手続きのほか、研修医の採用やローテートの管理、勉強会のお手伝いなど仕事の幅は多岐にわたっています。
また、年に数回、医学生の勧誘のため、医学生向けの合同説明会に指導医の先生や研修医たちと一緒に参加し、当院の良さを全力でアピールしてくることもあります。


仕事の流れ


6:30

起床
職場では制服のため毎朝服選びに困ることはありません

8:00

出社
メールや今日一日の業務チェック。医学生の見学対応など

8:30

始業
人事かと合同で朝会を行い、1日の仕事が始まります

9:30

週に1度の室員による多職種でのミーティング

10:30

研修医募集パンフレットの作成

12:00

先輩と職員食堂で楽しくお昼ご飯♪

13:00

研修医がお世話になっている協力施設へご挨拶に

15:00

合同説明会出展後のデータ集計

17:00

終業

17:30

退社

18:00

職場の方々とご飯
課や職種をこえて、いろいろな方たちとご飯に行きます♪

21:00

帰宅

23:00

次の日の準備をして就寝。


仕事をするうえで、意識していることは?


教育研修推進室は事務職だけでなく、医師・看護師・コメディカルなどの多職種の方々と仕事をする機会が多くあります。職種の違いからくる価値観の違いを感じることが多々ありますが、自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の話をよく聞き、相手の価値観を理解しつつ、お互いに納得して折り合いがつけられるよう努めています。

メッセージ

「苦しんでいる人を救いたい」という思いを持っていても、「自分にできるかな…」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、1人ではできない事も、多くの人と協力し助け合い学ぶことで、できることはどんどん増えていきます。そうやって私たちと一緒に成長していきませんか?
日本赤十字社の使命や活動に少しでも共感できる人、ぜひ一緒に働きましょう!先輩職員一同、心よりお待ちしております!