採用情報先輩職員からのメッセージ

名古屋第一赤十字病院 人事課 澤村 瑛美 入社8年目

赤十字との出会いはいつ、どこでしたか?


献血をしていた両親の影響もあり、16歳で献血デビューをしたのが初めての出会いです。
その後も定期的に献血をし、大学では学生保険部会という団体に所属し、献血バスの受付の手伝いをしたり、「趣味は献血」でした。
社会に貢献する仕事に携わりたいと、一番身近に感じていた赤十字の就職説明会に参加した際、献血以外にも様々な社会貢献活動をしていることを知り、赤十字社で働きたい!と感じました。


現在の仕事は?


私は、現在、人事課給与係として毎月の給与や賞与を計算する業務を担当しています。
諸手当の精査・決定など職員の給与に直接関わる業務なので、緊張感を持って取り組んでいます。正しくて当たり前の世界であるため、責任の大きさから不安を感じることもありますが、その分達成感も大きいものとなります。また、子育てをしながら働くことは大変なことも多いですが、たくさんの人に支えられ、楽しく仕事をすることができています。


仕事の流れ


6:30

起床

8:40

出社
メールチェック

10:00

給与計算、各種届け出書類の処理

12:00

昼食

13:00

関係部門からの問い合わせへの対応

17:20

スケジュールの確認及び明日の準備、退社

18:30

保育編へ(子どものお迎え)

21:00

明日の準備、子どもの寝かしつけ

23:00

家事を終えたら就寝

仕事をするうえで、意識していることは?

常に心がけていることは、「親身に接すること」「時間管理」です。
各種手当の支給については、規定や法律で要件が定まっており、分かりにくい部分が多いため、分かりやすい説明はもちろん、相談をしやすい雰囲気作りを心がけています。
また、様々な相談や依頼を受ける事があるのですが、子どもの急病で仕事を休まなければいけないことがあります。月間・年間業務を把握し、余裕をもって仕事に取り組むようにしております。

メッセージ

「日本赤十字社」は、事務職員といっても、配属先・課によって全く分野が異なり、様々な職種の方と仕事ができるのは魅力だと思います。
私自身もまだほんの一部分しか経験しておりませんが、周りの上司や先輩・同期・後輩に助けてもらいながら、毎日学ぶことばかりです。
赤十字の理念に興味をもち、一緒に働きたいと思っていただいた方がいれば、一緒に仕事ができる日を楽しみにお待ちしております。