PickUp

名古屋グランパス現役選手・OB選手が募金活動!

赤十字親善大使のグランパスくんも応援に駆け付けてくれました!

 3月6日(土)に行われた名古屋グランパス対サンフレッチェ広島戦の試合会場で、赤十字ブースを出展しました。

 ブースでは、東日本大震災から5年の節目として赤十字で全社的に実施している「私たちは、忘れない。」~未来につなげる復興支援プロジェクト~の復興支援パネルを展示。サポーターの皆さんに足を運んでいただき、当時を想起してもらうことで風化を防止し、改めて防災減災の意識を高めてもらいました。東北出身のサポーターの方も来られ、「私も被災しました。当時のことを忘れてほしくないし、支援活動をこれからも続けてほしい」との感想が寄せられました。


西村選手(一番右)はじめ多くのOB選手が参加した募金活動

 また、赤十字ブースの前では、名古屋グランパスの久米一正社長や西村弘司選手はじめ、OB選手が募金活動を行いました。多くの方にご協力いただき、169,983円の義援金が集まりました。集まった義援金は、岩手県・宮城県・福島県・茨城県の被災者にお届けします。 

 東日本大震災義援金は、平成28年4月1日以降も引き続き受付を行っていきます。
 引く続き、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。