PickUp

プロフットサルチームの名古屋オーシャンズとパートナーシップ協定調印!!

 日本赤十字社愛知県支部は、5月8日(金)にプロフットサルチームの名古屋オーシャンズと日本赤十字社がパートナーシップ協定を締結。日本赤十字社愛知県支部の神田真秋支部長と名古屋オーシャンズの櫻井嘉人代表取締役は堅い握手を交わしました。

 名古屋オーシャンズとは、昨年からチームの社会貢献活動の一環として、名古屋市内の赤十字病院で小児患者の慰問を行っています。また、赤十字の救急法のPRのために全選手が参加したAEDの講習を行いました

 今年度からは全国で初の試みとして、名古屋オーシャンズの選手が日本赤十字社のロゴを導入した公式ユニフォームを身につけてFリーグ9連覇を目指しプレーし、フットサルファンの皆さんに赤十字への支援を呼びかけることになりました。

 今後もさまざまなコラボレーションを行っていくことを計画しています。楽しみにしていてください!



名古屋オーシャンズの櫻井代表取締役(左)と神田支部長(右)



※日本赤十字社愛知県支部では、地元のスポーツチームとコラボレーションをした取り組みをすすめており、Jリーグの名古屋グランパスとは、平成23年度からパートナーシップ協定を締結しています。