PickUp

三遠ネオフェニックスのバスケットボールスクールでAED・CPR講習を実施!

 愛知県支部とパートナーシップ協定を締結しているプロバスケットボールチームの三遠ネオフェニックスが、8月23日(火)と24日(水)に開催したバスケットボールスクールの中で、バスケットボールの試合中や練習中にも起こりうる心肺停止状態の時に使用するAEDとCPR(心肺蘇生)講習を実施しました。
 講習は、赤十字のボランティア指導員により行われ、フェニックスの選手や、同スクールに参加する地元豊橋市の中学生を対象に、2日間にわたり約200名の学生が受講しました。
 


 最初は心臓マッサージや人工呼吸に戸惑いを見せた学生たちでしたが、アスリートとして人の命を救うために一生懸命に受講する姿が見られました。
  
  来月には日本最高峰の男子バスケットボールリーグの「B.LEAGUE」が開幕します!
  愛知県支部では三遠ネオフェニックスの活躍を期待するとともに、今後もバスケットボールを通じた社会貢献活動を推進していきます。