お知らせ

【中東人道危機】救援金の受付期間を延長します

日本赤十字社は「中東人道危機救援金」の受付期間を平成32年3月31日(火)まで延長します。

今回の期間延長につきまして、未だ紛争解決のめどが立たず、また、たとえ紛争が終結しても瓦礫と化したインフラや街を再建し、難民・避難民が安定した生活を取り戻すまでの見通しが立っていないために、延長を決定しました。

中東地域における紛争犠牲者(国内避難民及び海外に流出した難民)の生活環境及び医療状況は依然として危機的な状況にあり、国際赤十字の一員として、引き続き深刻な人道危機に陥っている中東地域及び被害者受入諸国に対して重点的・優先的に対応していく必要があります。

これからも、温かいご支援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

※中東地域で新たな紛争拡大・難民流出への緊急対応が必要になった場合は、その国・地域も対象に含めます

救援金名:中東人道危機救援金
受付期間:平成27(2015)年4月1日(水)~平成32(2020)年3月31日(火)

協力方法

下記の方法によりご協力ください。

※受領証の分割発行はいたしかねますのでご了承ください。
1.郵便振替(ゆうちょ銀行・郵便局)
口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

※振替用紙の通信欄に「中東人道危機」とご記入ください。
※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料は免除されます。
(ATMによる通常払込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります。)
※窓口でお受け取りいただきました半券は、受領証に代えることができます。
(寄附金控除申請の際にご利用いただけますので、大切に保管してください。)
※窓口でのお振り込みの場合で、赤十字が発行する受領証をご希望の場合は、振替用紙の通信欄に「受領証希望」と明記のうえ、お名前、ご住所、お電話番号を記載してください。
※窓口以外(ゆうちょダイレクト等)でのお振込みで受領証をご希望の場合は、「受領証希望」の旨と下記①~⑧を日本赤十字社パートナーシップ推進部あてFAXにてご連絡をお願いいたします。
①救援金名 ②氏名(受領証の宛名) ③住所 ④電話番号
⑤寄付日 ⑥寄付額 ⑦振込人名 ⑧口座番号

記入例はこちら

2.銀行振込
三井住友銀行 すずらん支店 普通 2787740
三菱UFJ銀行 やまびこ支店 普通 2105745
みずほ銀行 クヌギ支店 普通 0623323
※ 口座名義はいずれも「日本赤十字社((ニホンセキジュウジシャ)」
※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
※お振込みの際は、下記ボタンから事前にご登録のうえお手続きくださいますようお願いいたします。受領証をご希望の方は、事前登録画面で「受領証希望」を選択いただきますと、後日ご登録のご住所に郵送させていただきます。(所得税等の税控除を受ける際には、受領証が必要です)
※下記ボタンをクリック後、画面をスクロールした下方にある「中東人道危機救援金」からご登録ください。

>>事前登録はこちら<<


※事前登録がうまくいかないなどの場合は、「受領証希望」の旨と下記①~⑧を日本赤十字社パートナーシップ推進部あてFAXにてご連絡をお願いいたします。
①救援金名 ②氏名(受領証の宛名) ③住所 ④電話番号
⑤寄付日 ⑥寄付額 ⑦振込人名 ⑧振込先金融機関名・支店名


ウ.クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力
 上記「事前登録はこちら」をご利用ください。

担当窓口:日本赤十字社 パートナーシップ推進部
TEL: 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507