日赤愛知県支部×朝日新聞社「子ども新聞」

日赤愛知県支部×朝日新聞社「子ども新聞」紙面<2015>

子ども新聞とは
日本赤十字社愛知県支部は、朝日新聞社とともに「子ども新聞プロジェクト」に取り組みました。これは、東日本大震災などの災害から得た教訓を基に、青少年赤十字の態度目標である「気づき・考え・実行する」大切さを未来に伝えるプロジェクトです。取材、編集、発行するという新聞作り体験を通して、子どもたちに社会的な問題に関心を持つきっかけを与え、行動に移す能力を育むことを目的としています。
このページでは、朝日新聞社から発行された「子ども新聞」を公開しています。ぜひご覧ください。

子どもたちの取材の様子はこちらをご覧ください。
僕らの言葉で未来につなげる ― 子ども新聞プロジェクト2015 ―


(画像をクリックするとPDFが開きます。PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。)


子ども新聞A面(PDF)

突然の災害にどう向きあうか

子ども新聞B面(PDF)

できる限り助けたい

【日赤病院上条医師】
御嶽山噴火の最前線で治療

【DMATの活動】
御嶽山の噴火と災害医療

子ども新聞C面(PDF)

どんな時も「つながる」安心を体感

子ども新聞D面(PDF)

災害を伝える責任

【王滝村役場総務課】
取材陣の対応にくたくた
おしよせる記者への対応に工夫

子ども新聞F面(PDF)

少しでも多くの命と安心を

【名古屋市消防局】
消防隊員が見た噴火の最前線

【木曽町】
被災者家族サポートと心のケア
被災者家族へ心の支援

子ども新聞H面(PDF)

命を救った地域のつながり

【白馬村】
大地震に住民がすばやい対応
地域の結束で死者ゼロに

【小谷村】
大地震で生きた自主防災活動
小谷村を救った保健師たち

子ども新聞J面(PDF)

子ども記者が記事を書くまで

子ども新聞K面(PDF)

子ども記者が記事を書くまで

[ワークショップ(編集会議)における思考整理]

子ども新聞L面(PDF)

今回取材した子ども記者たち

【みんなも一緒に考えよう】
日本赤十字社愛知県支部 事務局 事業部
 青少年赤十字課 青少年係長 手島英樹