青少年赤十字の活動

小学校で避難所体験プログラムが行われました!

 10月13日(日)~14日(月)に北名古屋市立西春小学校おやじの会主催の避難所体験プログラムが行われました。そのプログラムに日本赤十字社愛知県支部も西春にて地域のボランティア活動を行っている赤十字ボランティア(北名古屋市西春赤十字奉仕団)と協力し、児童に避難所生活をする上で気を付けること、自分たちにできることや、避難所で役立つ豆知識などの話をしてきました。


避難所となる体育館に親子で協力して寝るところを準備しています。


北名古屋市役所防災交通課の方から地震の基礎知識についてのお話と地震に備えて普段から気を付けておく事のお話がありました。


地域の赤十字ボランティア(北名古屋市西春赤十字奉仕団)の方が災害時に役立つ豆知識を披露し、お風呂に入れない避難所での生活の時に役に立つホットタオル体験を行いました。


北名古屋市に災害用として備蓄されているご飯を試食しました。


少し肌寒い日でしたが体育館で就寝しました。避難所となる体育館で寝ることの大変さを体験しました。


災害時は飲用可能な水も限られます。
そこで、少ない水でもご飯を大量に炊くことができ、ある程度の保存が可能なハイゼックスを使用して朝ごはんを用意します。朝ごはんの準備もみんなで協力して行います。



日本赤十字社愛知県支部から避難所で生活することについてのお話と、大勢の人が自分たちの通う学校に避難してきたときに、子どもたちが避難所でできることはなんだろう、とみんなで考えました。


富山県のNPOをお招きして、災害時に動けなくなった人を探し出す時に活躍する災害救助犬のデモンストレーションも行われました。


今回は北名古屋市西春赤十字奉仕団が中心となり、おやじの会をサポートさせていただきました。
赤十字ボランティア(赤十字奉仕団)はほぼ全ての地域において防災・減災や福祉活動など様々な分野で地域力アップのために活躍しています。
学校にて防災・減災活動を検討している学校はぜひお声かけください!!

【担当】
日本赤十字社愛知県支部
振興部 青少年・ボランティア課
TEL:052-971-1599
FAX:052-971-1590
E-MAIL:volunteer@aichi.jrc.or.jp