青少年赤十字の活動

新型コロナウイルスについての日赤の啓発教材を活用した授業の実施について

 日本赤十字社愛知県支部では、県内のJRC加盟校や教育委員会を通じて、新型コロナウイルスがもたらす病気・不安・差別という3つの感染についてわかりやすく学ぶことができる日本赤十字社の作成した啓発教材「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」を紹介しています。

 この教材は、新型コロナウイルスの感染を防ぐ方法だけではなく、感染した人や感染リスクのある人への差別や偏見の問題についても考える内容となっています。

 5月下旬から6月1日の学校再開の動きに合わせ、県内各地のJRC加盟校などでこの啓発教材を活用した授業が実施されました。


岡崎市立下山小学校における授業の様子


名古屋市立新郊中学校における授業の様子


振り返りシートもダウンロードできます


 授業を受けた児童・生徒からは、動画や先生の話に熱心に耳を傾けており、授業後には「イラストがかわいくてわかりやすかった」「これからは感染した人の気持ちも考えていきたい」「外出するときはマスクをしていきます」などの声を聞くことができました。

 本教材については、こちらからダウンロードし、授業等で活用いただくことができます。