災害救護活動の様子

<熊本地震> 被災地へ愛知県内から医療救護班を派遣

<名古屋第一赤十字病院>                       医療救護班出発式の様子

 熊本県で発生した地震被害に対して、被災地で医療救護活動を行うため、名古屋第一赤十字病院及び名古屋第二赤十字病院の医療救護班が本日4月16日に現地に向けて出発しました。
 また、愛知県支部から職員及び防災ボランティアが連絡調整要員として同救護班に同行しました。
 愛知県支部では引き続き、現地派遣職員等と情報共有を図り、災害救援につとめています。
 
 


出発前、報道陣からのインタビューに応じた       大鐘看護師長

愛知県支部から連絡調整員として派遣された       職員及び防災ボランティア