災害救護活動の様子

<平成30年7月豪雨災害>愛知県内から派遣された医療救護班が活動

西日本で発生した平成30年7月豪雨被害に対して、名古屋第一赤十字病院・名古屋第二赤十字病院の医療救護班が7月12日に被災地入りし、愛知県支部から連絡調整員として派遣された職員とともに、被災地で医療救護活動を実施しました。
同救護班は、今回の災害で甚大な被害を受けた広島県呉市内の2つ避難所において救護所を設置し、医療救護活動を行いました。

被災地では今後、避難生活が長期化する見込みで、感染症の広がりが懸念されています。日本赤十字社では今後とも被災地において被災者に寄り添った支援活動を引き続き行っていきます。


平成30年7月豪雨災害にかかる日本赤十字社の対応について



避難所のアセスメントに向かう
看護師ら

安浦地区に開設された避難所にて
活動

後続の静岡、三重県支部の医療救護班に
引継ぎを行っている様子


赤十字の救護活動は皆様からの活動資金のご協力によって支えられています。
赤十字の活動を継続的に行うためには、皆様からのご寄付が必要です。
苦しんでいる人々を救うために、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。
活動資金のご協力はこちら