災害救護活動の様子

<平成30年7月豪雨災害> 被災地へ愛知県内から医療救護班を派遣

<名古屋第一赤十字病院>
医療救護班出発式の様子

 平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨災害に対して、被災地で医療救護活動を行うため、名古屋第一赤十字病院及び名古屋第二赤十字病院の救護員で編成された愛知県支部救護班が本日7月12日に現地に向けて出発しました。
 また、愛知県支部から職員4名が連絡調整要員として同救護班に同行しました。
 愛知県支部では引き続き、現地派遣職員等と情報共有を図り、被災者に寄り添った支援を続けてまいります。

 平成30年7月豪雨災害にかかる日本赤十字社の対応について


出発前、報道陣からのインタビューに応じた牧野医師

愛知県支部から連絡調整員として派遣された職員


赤十字の救護活動は皆様からの活動資金のご協力によって支えられています。
赤十字の活動を継続的に行うためには、皆様からのご寄付が必要です。
苦しんでいる人々を救うために、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。
活動資金のご協力はこちら