愛知県支部について

現勢・組織図・沿革

支部案内・現勢と組織図


人を救うことから始まった赤十字。その精神を受け継ぎ、日本赤十字社が創立されたのは1877年(明治10年)。そして愛知県支部が設立されたのは1887年(明治20年)のことです。
私たちは、活動を通じて「命の尊さ」を、皆さんに考えていただければと願っています。あなたから生まれた愛を、人を救う活動に変えて、日本赤十字社愛知県支部は活動しています。


現勢と組織図


沿革

明治20年12月 日本赤十字社名古屋委員部発足
明治22年 2月  名古屋委員部を名古屋支部と改称
明治36年10月  名古屋支部を愛知支部と改称(現 日本赤十字社愛知県支部)
大正 3年12月  愛知支部八事療養所創立(現 名古屋第二赤十字病院)
昭和12年 4月  愛知支部名古屋病院創立(現 名古屋第一赤十字病院)
昭和37年10月  愛知県赤十字血液銀行創立(現 愛知県赤十字血液センター)

日本赤十字社愛知県支部

  
会員 個人 476,133人  法人 2,560法人
評議員 72人  
代議員 9人  
役 員 支部長 神田真秋
副支部長 河村たかし、宮本悦子
参  与 相津晴洋、平田雅也、平松直巳、柳務、小林陽一郎、安藤恒三郎、石川清
顧  問 大島久雄
監査委員 村田浩子、那須國宏、則竹伸也