「私たちは、忘れない。」キャンペーン 県内各地で被災地復興と防災啓発をPR!

三遠ネオフェニックスの選手による義援金募金活動

 日本赤十字社は、震災の記憶の風化を防ぎ、復興への思いを未来へとつなげていくプロジェクト「私たちは、忘れない。」を3月に全国で展開しました。
 愛知県支部でも、親子で防災・減災について考えてもらうイベントを県内各地で開催し、防災啓発と義援金の協力を呼びかけました。

 3月11日、豊橋市総合体育館で開催された三遠ネオフェニックスのホームゲームでは、観戦に来られたブースター全員に「私たちは、忘れない。」キャンペーンバッジを配布し、被災地支援を呼びかけたほか、選手による義援金募金活動を行いました。


名古屋グランパス松本選手と         いのちを救うための講習体験!

 また3月18日の名古屋グランパスの試合会場では「防災で力をひとつに!」と題した企画イベントが実施され、赤十字は義援金受付とともに、いのちを救うための講習会場を設営し、多くのサポーターの方に参加いただきました。
 講習開場では、名古屋グランパスの松本選手、新井選手と一緒に講習受講できる企画も実施。
 多くの子どもたちに、楽しみながら防災・減災を学んでもらうことができました!
 


試合前のセレモニーで、職員と赤十字ボランティアが            キャンペーンをPRしました


愛知県支部が参加した防災イベントの様子

 他にも愛知県支部では、キャンペーン期間中に防災・減災の意識向上を図るイベントを県内各地で開催。
 親子で防災について考えてもらえるイベントをはじめ、企業を訪問して「自助・共助」をテーマとした講演をおこなうなど、職員と赤十字ボランティアが一丸となって、防災・減災の大切奈を訴えました。


家族で防災について考えてもらうきっかけに


避難グッズ何にしようかな~


武田薬品工業株式会社名古屋中央営業所のみなさん


三角巾を使った応急手当のしかたなど、救急法短期講習を受講いただきました

 今年は、本プロジェクトに賛同いただいた県内の企業・団体の皆さまにも協力いただき、従業員によるプロジェクトバッジの着用や、キャンペーンポスターの掲示など、被災地支援の輪を広げていただきました。
 今後も愛知県支部では、これまで起きた災害の経験や教訓を未来につなげるため、防災・減災の輪を広げる活動を続けていきます。


県内の多くの企業・団体の皆さまにご協力いただきました

榊原建設株式会社

株式会社眞照 

トーヨーメタル株式会社

物語コーポレーション

株式会社ヨシノ印刷

公益財団法人豊橋市国際交流協会

公益財団法人名古屋国際センター



  • らくらくナビ
  • 活動資金のご協力方法
  • インターネットからの寄付のご協力
  • ブックオフ
  • 動画で見る一次救命処置(BLS)
  • 日本赤十字社愛知県支部 公式TWITTER
  • 【日本赤十字社】社長メッセージ ~東日本大震災から6カ月を迎えて~
  • 日本赤十字社の使命 -Mission statement-
  • まもるいのちひろめるぼうさい
  • webcross
  • 子ども新聞
  • 広報誌
  • グランパスくんのお仕事
  • 宅配買取でエコ募金しよう!
  • 施設案内・リンク